スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分も春告魚も高活性。 

 5月2日(金) 晴:大潮

 メバルを狙いに能登方面へ!

 21:30過ぎ、漁港へと到着。状況は風無し、波無しのまさにメバル凪。前回に釣った良型の感触を求め、同じポイントへと入ると、今回も開始早々コンスタントにヒット。数日前に比べ、メバル自体が高活性且つ、コンディションが良好なのか、曳きもそれなりに強く遊ぶには丁度良い感じなのだが、サイズが16~19cmと今一つ。釣ってはリリースを繰り返し、約20匹程度釣った所でふと時計を見ると、22:40過ぎ。満潮まで後1時間半、サイズアップを求めて場所移動することに。

 場所移動してきたものの、漁港とは違って辺りは真っ暗、さすがに1人だと少々不気味。しばらくし、眼が慣れ始めてきた頃にアタリがあり、釣れたのはサイズアップの23cm。

IMG_1292.jpg


その後、結構な大物を目の前でバラしたものの、20cm位を中心にポツポツとゲット。今日はワーム、ハードルアー、ジグ、スプーンなど、割と何にでも反応が良かったが、ワームに関しては1色以外、全く反応が無かった。

IMG_1290.jpg  IMG_1291.jpg


 2:00、帰り際に寄り道し、30分でカサゴ3匹釣って納竿とすることに。

IMG_1293.jpg

14時間、根魚釣行…1人ぼっちで 

 4月28日(月) 晴:小潮

 久々に平日休みをもらえたので、前回のリベンジにと、タケノコメバルを狙いに能登島へ!

 10:00過ぎ、最初のポイントへと到着。小1時間程度探った頃、ようやくヒットするも藻の中へ逃亡。藻ごとぶっこ抜くもお魚さん、無念のフックアウト。この場所でのアタリは残念ながらこの1回だけで、粘っても無理と判断し場所移動。

 12:00過ぎ、次のポイントへ到着。この場所は自分の中での実績ポイント、結構粘ってみたものの、乗り切らないショートバイトが単発的にあったのみ。

 17:00過ぎ、お初のポイントへ。ウィードの中を丹念に探ってようやく本日のターゲット、26cmのタケノコメバルをゲット!

IMG_1275.jpg


その後、3回ほど目の前でのバラシしたが、1匹目と似たような場所で若干サイズUPの28cmが1ニョッキ!

IMG_1277.jpg


マズメ時も終盤、アタリも遠のいたことなので速攻、次のポイントへと移動することに。

 19:00、4ヵ所目のポイントへ到着。しばらして小さな何かがヒット!何だかアナハゼを思い出させるせるこのプルプル感…。しかし、予想に反して釣れたのはわずか14cmのチビノコ。よく3㌅のワームに喰らいついたなぁ…。

IMG_1278.jpg


ここらで今日は最後にするつもりが、活かしバケツ中の貧果に虚しさ込み上げ、タケノコ君をリリースしたのち今度は、メバルを求めて外浦方面へ移動することに。

 21:00過ぎ、とある漁港へと到着。さっそくキャストをすると幸先良くヒット!しかし、15~6cmのおチビちゃん、即海へとお帰り頂くことに。その後もポツポツと同サイズばかりが釣れたため、サイズアップを目指し、徐々にレンジを下げること数投後、狙い通りにヒットしサイズアップの24cmをゲット。

IMG_1285.jpg

サイズの割には若干、曳きには不満足だが、狙って釣り分けたサイズには満足。その日のパターンを掴み、続けて22cm、20cmと合格サイズが!そして今日1番のナイスなアタリ、結構激しい下への突っ込み。しかし、釣り上げてみると何だか拍子抜けの19cm…えらい元気なやっちゃなぁ。

IMG_1280.jpg

さあ、「いい感じになってきたぞぉ~」っとハイテンションでキャストォォォォォ~!しかぁ~し、ライントラブル発生。さすがに数年も巻きっぱなしのラインじゃ糸癖も酷くほどける訳も無く、おまけに残量も無い…。

 24:00、強制終了。


意外な所で1ニョッキ 

 4月25日(金) 晴:中潮

 カサゴを狙いに能登方面へ。

 23:00、ポイントへ到着。波なし、風なし、潮の動きなし…。結果は激渋で、数少ないアタリで何とか1匹捕獲。
お腹パンパン、子持ちの24cm
IMG_1195.jpg


 しばらく粘るも釣れる気がせず、遊び半分で漁港内のヘチにワームを落とすと、交通事故的にいきなりHIT!しかもタケノコメバルが。
    23cm、1ニョッキ
IMG_1199.jpg

外裏方面では初めてのタケノコメバルに少々驚きつつも、さらにヘチ際を探ったがまったくの無反応。

 3:00、2匹ともリリースし、納竿に。

IMG_1204.jpg


 ちなみに帰り際、シーバスを狙いに大野川へ寄るも、これまた撃沈。


今シーズン初のシーバス釣行へ。 

 4月22日(火) 晴:大潮

         撃沈…。


                                                  …以上。

奥能登での出来事。 

 4月12日(土) 晴:小潮

 義姉の出産を祝いに嫁の実家、宇出津へと里帰り…オイラは釣りが目的ですが何か?

 丁度、夕飯時に到着。ほんとはこのマズメ時に出撃したい所だがそういう訳にもいかず、ここは大人しく食卓を囲む事に。しかし、席に着くなりおとっつぁん(義父)が「おうっ、1杯呑めや!」とお猪口を!


おとっつぁん 「酒呑めや~!」

オ  イ  ラ  「釣りに行くのでチョッと…」

おとっつぁん 「いいじゃね~か、呑めや~!」

オ  イ  ラ  「お断りします…」

おとっつぁん 「そんな事言わね~で、まっ呑めや~!」

オ  イ  ラ  「断る!

おとっつぁん 「ショボ~ン!


こんな感じの押し問答の末、何とか危機的状況を脱出。平穏な時間が流れ始めたかに思えた矢先…完全に出来上がってしまったおとっつぁんが!

おとっつぁん 「酒呑めや~ゴルァ!」

オ  イ  ラ  「のまね~ヨ!」

おとっつぁん 「わしの注いだ酒が呑めんのかゴルァ!」

オ  イ  ラ  「・・・・・、い、いただきます。」

勢いに負けてしまい、とりあえず注いでもらったものの、すかさず空いた茶碗へと横流し…意地でも呑みません。「おっ、いけるじゃねぇか!」ともう1杯。そんなリレーを繰り返すうちにおとっつぁんダウン!これはチャンス、すかさず席を立ち逃げるように立ち去る!

 23:00、とある漁港へと到着。この場所は、事前に仕入れた情報によれば型は大きくはないが数が出るらしく、今回は嫁同伴のため練習がてらには丁度いいはず。さっそく常夜灯付近で手本がてらキャストをすると…自分もビックリ即ヒット!

IMG_1154.jpg

釣れたのは17cmと大きくはないが、1キャスト目でのヒットと小気味良い曳きにテンションもUP!一応、メバリングは初めてじゃないため、感覚を思い出したのかその後1人でキャストし始めたので、嫁はワーム、自分はハードルアーってな感じで探ってみる事に。しかし、嫁はコンスタントに釣っているのに対し、自分には一向にアタリすらない。おかしい、そんなはずじゃ…。勝ち誇った嫁の顔、引きつった俺の顔。どうもハードルアーでは分が悪いため、ワームにチェンジすると、一瞬にして怒涛のバイトラッシュが。調子に乗ってしばらくアタリを堪能していると、一気に藻の中へと逃走。引っ張っても抜けそうも無いので、しばらく間を置き再び引っ張ると藻にまみれてこんばんは!

IMG_1157.jpg

小1時間、2人で13cm~19cmを30匹オーバー。これだけ釣れてもアタリが止まる気配が無く釣れるが、さすがにもう大満足。小さいものをリリースし納竿に。

IMG_1158.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。