スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたメバリング。 

 5月9日(金) 曇:中潮

 能登方面へメバリングへ。

 出発前の時点で金沢はかなりの強風。ネットで能登方面を調べると、金沢より幾分かはマシな感じ。しかし干潮間際の釣行になるため、メバルにはチョッと厳しいか?ってな具合に自分自身の中での押し問答の末、結局行く事に決定。

 22:00過ぎ、現地へと到着。案外、思ったより風、波、共に大した事はない。これならと早速ポイントへと入り、まずはジグヘッド&ワームで状況調査。やはり潮位が低く、ジグヘッドが届く範囲はすべて藻に引っ掛かってしまい全く釣りにならない。ハードルアーやメタルバイブにチェンジするが、これまた無反応。気が付けばいつの間にやら半端じゃない強風が吹きつけ、追い風で飛距離は稼げるが、自分自身も飛んでいきそう…。さすがに危険を感じ、漁港内へと移動する事に。漁港内へと移動してみると、時折突風が吹き抜ける程度で何とかキャストはできそう。丁度目の前に潮目が発生しており、潮目に沿ってキャストをすると、時折アジも混じって次々とヒット!18cm前後がワームのカラー、種類問わずにガンガン釣れる。

IMG_1329.jpg IMG_1330.jpg IMG_1331.jpg IMG_1344.jpg

釣ってはリリースを繰返しつつ、少し離れた場所へとキャストすると「コンッ」と微かなアタリがあり、アワセを入れるとナイスな下への突っ込み!サイズは21cmと若干のアップだが、ファイトはそれ以上に感じるほどの暴れっぷり!

IMG_1338.jpg

そして再度同じコースを通してみると、先のと似たようなサイズが!

IMG_1348.jpg

この1箇所のゾーンのみ20cmオーバーが釣れ、コース、レンジがずれるとすぐにサイズダウン。底付近で良型が群れているのか分からないが、ホットコナーめがけてキャスト、キャスト、キャスト!しかし、元々正確性に欠ける竿捌き、意識すればするほどズレまくる…。バラシ&小型の猛攻に合いながらも、そこそこのサイズをもう3匹追加…リリースサイズはその5倍。

IMG_1350.jpg

 24:00、強風に吹かれ続け、さすがに体温を奪われ震えが止まらない。楽しいのか辛いのか良く分からなくなり、思考能力も麻痺してきた感が…。という事で、明日は朝から所用もあることなのでここらで納竿に。

 

 
スポンサーサイト

自分も春告魚も高活性。 

 5月2日(金) 晴:大潮

 メバルを狙いに能登方面へ!

 21:30過ぎ、漁港へと到着。状況は風無し、波無しのまさにメバル凪。前回に釣った良型の感触を求め、同じポイントへと入ると、今回も開始早々コンスタントにヒット。数日前に比べ、メバル自体が高活性且つ、コンディションが良好なのか、曳きもそれなりに強く遊ぶには丁度良い感じなのだが、サイズが16~19cmと今一つ。釣ってはリリースを繰り返し、約20匹程度釣った所でふと時計を見ると、22:40過ぎ。満潮まで後1時間半、サイズアップを求めて場所移動することに。

 場所移動してきたものの、漁港とは違って辺りは真っ暗、さすがに1人だと少々不気味。しばらくし、眼が慣れ始めてきた頃にアタリがあり、釣れたのはサイズアップの23cm。

IMG_1292.jpg


その後、結構な大物を目の前でバラしたものの、20cm位を中心にポツポツとゲット。今日はワーム、ハードルアー、ジグ、スプーンなど、割と何にでも反応が良かったが、ワームに関しては1色以外、全く反応が無かった。

IMG_1290.jpg  IMG_1291.jpg


 2:00、帰り際に寄り道し、30分でカサゴ3匹釣って納竿とすることに。

IMG_1293.jpg

14時間、根魚釣行…1人ぼっちで 

 4月28日(月) 晴:小潮

 久々に平日休みをもらえたので、前回のリベンジにと、タケノコメバルを狙いに能登島へ!

 10:00過ぎ、最初のポイントへと到着。小1時間程度探った頃、ようやくヒットするも藻の中へ逃亡。藻ごとぶっこ抜くもお魚さん、無念のフックアウト。この場所でのアタリは残念ながらこの1回だけで、粘っても無理と判断し場所移動。

 12:00過ぎ、次のポイントへ到着。この場所は自分の中での実績ポイント、結構粘ってみたものの、乗り切らないショートバイトが単発的にあったのみ。

 17:00過ぎ、お初のポイントへ。ウィードの中を丹念に探ってようやく本日のターゲット、26cmのタケノコメバルをゲット!

IMG_1275.jpg


その後、3回ほど目の前でのバラシしたが、1匹目と似たような場所で若干サイズUPの28cmが1ニョッキ!

IMG_1277.jpg


マズメ時も終盤、アタリも遠のいたことなので速攻、次のポイントへと移動することに。

 19:00、4ヵ所目のポイントへ到着。しばらして小さな何かがヒット!何だかアナハゼを思い出させるせるこのプルプル感…。しかし、予想に反して釣れたのはわずか14cmのチビノコ。よく3㌅のワームに喰らいついたなぁ…。

IMG_1278.jpg


ここらで今日は最後にするつもりが、活かしバケツ中の貧果に虚しさ込み上げ、タケノコ君をリリースしたのち今度は、メバルを求めて外浦方面へ移動することに。

 21:00過ぎ、とある漁港へと到着。さっそくキャストをすると幸先良くヒット!しかし、15~6cmのおチビちゃん、即海へとお帰り頂くことに。その後もポツポツと同サイズばかりが釣れたため、サイズアップを目指し、徐々にレンジを下げること数投後、狙い通りにヒットしサイズアップの24cmをゲット。

IMG_1285.jpg

サイズの割には若干、曳きには不満足だが、狙って釣り分けたサイズには満足。その日のパターンを掴み、続けて22cm、20cmと合格サイズが!そして今日1番のナイスなアタリ、結構激しい下への突っ込み。しかし、釣り上げてみると何だか拍子抜けの19cm…えらい元気なやっちゃなぁ。

IMG_1280.jpg

さあ、「いい感じになってきたぞぉ~」っとハイテンションでキャストォォォォォ~!しかぁ~し、ライントラブル発生。さすがに数年も巻きっぱなしのラインじゃ糸癖も酷くほどける訳も無く、おまけに残量も無い…。

 24:00、強制終了。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。