スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な所で1ニョッキ 

 4月25日(金) 晴:中潮

 カサゴを狙いに能登方面へ。

 23:00、ポイントへ到着。波なし、風なし、潮の動きなし…。結果は激渋で、数少ないアタリで何とか1匹捕獲。
お腹パンパン、子持ちの24cm
IMG_1195.jpg


 しばらく粘るも釣れる気がせず、遊び半分で漁港内のヘチにワームを落とすと、交通事故的にいきなりHIT!しかもタケノコメバルが。
    23cm、1ニョッキ
IMG_1199.jpg

外裏方面では初めてのタケノコメバルに少々驚きつつも、さらにヘチ際を探ったがまったくの無反応。

 3:00、2匹ともリリースし、納竿に。

IMG_1204.jpg


 ちなみに帰り際、シーバスを狙いに大野川へ寄るも、これまた撃沈。


スポンサーサイト

今シーズン初のシーバス釣行へ。 

 4月22日(火) 晴:大潮

         撃沈…。


                                                  …以上。

奥能登での出来事。 

 4月12日(土) 晴:小潮

 義姉の出産を祝いに嫁の実家、宇出津へと里帰り…オイラは釣りが目的ですが何か?

 丁度、夕飯時に到着。ほんとはこのマズメ時に出撃したい所だがそういう訳にもいかず、ここは大人しく食卓を囲む事に。しかし、席に着くなりおとっつぁん(義父)が「おうっ、1杯呑めや!」とお猪口を!


おとっつぁん 「酒呑めや~!」

オ  イ  ラ  「釣りに行くのでチョッと…」

おとっつぁん 「いいじゃね~か、呑めや~!」

オ  イ  ラ  「お断りします…」

おとっつぁん 「そんな事言わね~で、まっ呑めや~!」

オ  イ  ラ  「断る!

おとっつぁん 「ショボ~ン!


こんな感じの押し問答の末、何とか危機的状況を脱出。平穏な時間が流れ始めたかに思えた矢先…完全に出来上がってしまったおとっつぁんが!

おとっつぁん 「酒呑めや~ゴルァ!」

オ  イ  ラ  「のまね~ヨ!」

おとっつぁん 「わしの注いだ酒が呑めんのかゴルァ!」

オ  イ  ラ  「・・・・・、い、いただきます。」

勢いに負けてしまい、とりあえず注いでもらったものの、すかさず空いた茶碗へと横流し…意地でも呑みません。「おっ、いけるじゃねぇか!」ともう1杯。そんなリレーを繰り返すうちにおとっつぁんダウン!これはチャンス、すかさず席を立ち逃げるように立ち去る!

 23:00、とある漁港へと到着。この場所は、事前に仕入れた情報によれば型は大きくはないが数が出るらしく、今回は嫁同伴のため練習がてらには丁度いいはず。さっそく常夜灯付近で手本がてらキャストをすると…自分もビックリ即ヒット!

IMG_1154.jpg

釣れたのは17cmと大きくはないが、1キャスト目でのヒットと小気味良い曳きにテンションもUP!一応、メバリングは初めてじゃないため、感覚を思い出したのかその後1人でキャストし始めたので、嫁はワーム、自分はハードルアーってな感じで探ってみる事に。しかし、嫁はコンスタントに釣っているのに対し、自分には一向にアタリすらない。おかしい、そんなはずじゃ…。勝ち誇った嫁の顔、引きつった俺の顔。どうもハードルアーでは分が悪いため、ワームにチェンジすると、一瞬にして怒涛のバイトラッシュが。調子に乗ってしばらくアタリを堪能していると、一気に藻の中へと逃走。引っ張っても抜けそうも無いので、しばらく間を置き再び引っ張ると藻にまみれてこんばんは!

IMG_1157.jpg

小1時間、2人で13cm~19cmを30匹オーバー。これだけ釣れてもアタリが止まる気配が無く釣れるが、さすがにもう大満足。小さいものをリリースし納竿に。

IMG_1158.jpg

ご無沙汰です…。 

 4月6日(日) 晴:大潮

 どうもお久しです…何とか生きてますよ。仕事に追われ、釣りに行けなくなって早、半年以上…完全ニート状態の毎日です。まぁ、そんな事はどうでもよく、久々に暇をみつけ釣りへと行ってまいりました!

 10:00、起床。しかし昨夜、片町でハッスルしすぎたせいなのか体調が…。再び寝床へと思ったものの、せっかくの晴れた休日、心身のリフレッシュを兼ね、久々にマイナスイオンを浴びに能登島へと行くことに。
 
 13:00過ぎ、現地へ到着。狙うはタケノコメバル、さそっくタックルをセットしいざポイントヘ!すでに3人の先行者が入っているものの、誰もアタリすらないまま時間が経ち、1人、また1人と居なくなりとうとう1人ぼっちに。そろそろ潮時かなと思った時、「コツコツッ!」っと生命反応が!がっ、フッキングまで至らず。しかし、それから頻繁にアタリがでるもののやはり乗らず、もうイライラの限界!今度は投げっぱなしの放置プレイ…、なんとフッキングに成功。気合いを入れてゴリ巻きをすると、明らかに小物の感触。「まぁ、釣れないよりはマシか…」と自分に言い聞かせ水面付近まで寄せてくると…!?


キッ、



キモッ、( ´;゜;ё;゜;)キモー!!



唇鮮やかエメラルドグリーン…アナハゼやんけ~!



コヤツに一生懸命になってたなんて…かなりの精神的ダメージ。一旦、ここは仕切りなおしのため場所を変えることに。その後4ヵ所回ってみたが、全てのポイントにおいて先行者がおり、何だか気合も尻すぼみし、「う~ん、タケノコ人口増えたな~。」としみじみしながらとりあえず一服タイム。一息ついた所で、今度はメバルでもいないかと車に積みっぱなしだったアイスジグを探し出し、さっそく調査開始。


チョン、


チョン、チョン、


「ブルブルッ!」サカナキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャ~!開始い1分もせずにHIT!しかも中々の小気味良い曳き。「巻~いて巻~いて、」と鼻歌気分で釣り上げると…。



ウッ、



ウウッ、



唇鮮やかエメラルドグリーン…またアナハゼやんけ~!


しかも、ここから怒涛のアナハゼ爆釣ラッシュ!

あまりにも釣れるので記念に1枚
 IMG_1150.jpg

あまりの惨劇に、たまらず外浦方面への移動を決意。

 17:30、富来方面へ現着。マズメ時には少々早いが、メバルタックルで漁港周りをいくつか探ってみるも、案の定、生命反応を得られず。今度はカサゴでもとベイトタックルにチェンジするも、これまた音沙汰無し。気が付けば辺りは薄暗く、これぞマズメ時。そろそろアタリが出てもおかしくないのに、何も無いままマズメ時終了~!真っ暗闇の中、惰性のみでキャストを繰り返していると…


「ブルブルッ!」( ゚д゚)キタッ!


慌ててアワセを入れた後、巻き上げると、忘れかけていた真下へ突っ込む曳きと重み。24cmのカサゴGET!

IMG_1151.jpg

さぁ、フックを外そうとヘッドライトのスイッチを入れ…!?アレッ?ライト点かねぇ~ヨ!久々の使用も無念の電池切れ…という事で、ただの変な頭飾りに。仕方なく、思いっきり眼力を集中させフックを外そうとするも、暴れるカサゴに苦戦し、指にフックが刺さるわ、ヒレが刺さるわで大騒動。最終的に携帯電話を口に咥えつつ、フォトライトを照らながらフックを外し、何とか次のキャストへ。するとフォール中にアタリがあり、しかも感触的にさっきよりも重く、釣り上げサイズを測ると28cmとサイズUP!その後1キャスト1バイトと時合いモード突入し、半分以上すっぽ抜けながら短時間で8匹GET。今度はこっちがハイテンションモードに突入し、調子に乗ってキャストをすると、勢い余って大バックラッシュ…。その場で復旧不可能なため、子持ちカサゴ2匹をリリースし、泣く泣く撤収に。

  お持ち帰り22~28cm
IMG_1152.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。